C言語でNESアプリを作成

概要

C言語でNESアプリを作成する手順をまとめてみました。

普通はアセンブラで作るところをC言語で入門編を…と行きたい所ですが、中身は構文がC言語なだけで入門編とは呼べない、
でも高度かというとNES特有の内容が薄い微妙な代物です。

目標はマッパー0、つまりバンク切替なしでプログラム32KB、キャラクタデータ8KBの構成で動くアプリを作成します。
あくまで、一例に過ぎませんので参考程度に眺めてもらえれば幸いです。

なお、記事は不定期掲載ですのであしからず。

動作環境
nesファイルが実行可能なエミュレータか、NX(Nsf eXtend)アーキテクチャ仕様に準拠したTNS-HFCシリーズと実機。

*注意*
TNS-HFCシリーズを使っての実機動作は無保証です。
現在のところ開発用と思われる機能を利用して実機動作を行っています。
場合によっては実機やTNS-HFCシリーズの故障につながる恐れもありますのでご注意ください。
当アプリケーションについてのご質問等は、@MIRROR_宛にお願いします。
TNS-HFCシリーズの開発元であるテラネットワークシステム様へのお問い合わせはお控えください。

目次
  1. ビルド環境の準備
  2. 標準関数を使ったサンプル
  3. 実機動作について
  4. 標準関数を使わないアプリの作成
  5. 工事中
    (*サウンドデータの準備と再生)
動作サンプル
JavaScript版エミュレータであるJSNESで、一部のプログラムをWeb上で確認することができます。
JSNESで動作を確認(Select ROMのTest内に格納)
免責事項
作者は本プログラムの使用によって生じた損害の一切を補償しません。個人の責任において使用してください。
謝辞
NES及びFamily Computerを支えている皆様に感謝。